悩める大人ニキビ治療にはピルのホルモン治療がオススメ!!

大人なってから急にニキビが出始めた、そんな肌トラブルに悩んでいる女性の方も少なくありません。大人ニキビはスキンケアだけで治す事が難しく、ホルモンバランスを整えて行く事も必要になってきます。そこでオススメなのがピルによるホルモン治療です。ここでは、ピルのホルモン治療が良いワケについてお伝えします。

そもそもにきびができる仕組みとは?

にきびの始まりは毛穴詰まり

にきびは肌の表面にポツポツ目立って来てからでは無く、肌の奥では実は少しずつ炎症し始めています。炎症する原因には、皮脂の過剰分泌、毛穴詰まり、アクネ菌繁殖など、にきびができる基礎条件が揃うと発症します。毛穴奥には皮脂腺があり、そこから皮脂分泌が行われます。健康な肌状態の場合、毛穴を通って肌表面へと皮脂が排出され、肌表面を覆うように天然の皮脂膜で肌を潤す働きがあります。しかし、色々な原因によって皮脂が過剰分泌される事で、毛穴に皮脂どんどん溜まり、また、皮脂が角質同士を硬く結びつけてターンオーバーが滞ります。その結果、本来であれば外に排出されていくはずの皮脂が毛穴の中に閉じ込められどんどん汚れが溜る為、皮脂を栄養としているにきびの元のアクネ菌の温床になってしまい、初期段階のにきびができてしまうのです。

にきび進行で悪化する症状

にきびの初期症状では、肌表面からはあまり気付く事がありません。しかし、次第にターンオーバーが滞って毛穴周りの角質が厚く硬くなり、毛穴に皮脂や古い角質が溜まってくると、にきびの症状が現れます。溜まった皮脂が固まる事でできるにきびが、毛穴出口を塞いでしまうようになると、毛穴の中の皮脂は肌表面に排出される事ができず、毛穴に溜まる一方になります。この皮脂の蓄積により皮脂を栄養とするアクネ菌が毛穴の中で増殖し、そのアクネ菌に抵抗しようと作用する為、患部が炎症を起こしてにきびの悪化に繫がります。にきびが悪化すると患部は赤く腫れ、重症化するとにきびが膿んで痛みを伴うに症状に進行し、にきびが治まってからも色素沈着したりニキビ跡が残りやすかったりします。

アクネ菌を繁殖させる肌環境

アクネ菌は、ニキビ菌とも言われていますが、何もニキビができやすい肌の方にだけにこの菌は存在している訳ではありません。本来、アクネ菌と言うのは誰の肌にも存在している菌で、肌に必要な善玉菌の一つである事を知っていましたか?しかし、アクネ菌が増え過ぎる事は、皮脂同様に毛穴詰まりを招く事に繫がり、菌の繁殖によってニキビを作ります。なので、肌トラブルから守る為には毛穴詰まり防止やアクネ菌増殖防止も大事なポイントです。

大人にきびができる原因とは?

体内ホルモンバランスの乱れ

大人ニキビの原因の一つには、体内ホルモンバランスの乱れが挙げられます。若い頃にできる思春期にきびも、男性ホルモン量増加によって皮脂の過剰分泌でにきびができますよね。しかし、成人を過ぎた大人の女性も、色々な要因で体内のホルモンバランスが乱れ、大人にきびが発症します。この場合にも、男性ホルモン分泌量が増加する事によって、大人ニキビが現れます。逆に、女性ホルモンであるエストロゲンは、皮脂分泌抑制効果があるので、バリア機能を高める作用があります。しかし、健康な肌にとって大切なのは、特定のホルモンを増量させるのでは無く、体本来が持つ正しいホルモンバランスを保つ事が美肌の秘訣大です。

不規則な生活と睡眠の乱れ

睡眠不足になると、自律神経の交感神経を刺激します。なので、男性ホルモンが大量分泌されます。また、肌を修復する為のターンオーバーと言うは睡眠中に行われるのですが、肌新陳代謝が活発に行われるのは、入眠してから3時間後位からと言われています。なので、その間に熟睡していないと、しっかりターンオーバーのサイクルが働かないので、良質な睡眠は大切です。他にも、忙しい日々に追われて油分が多いファストフードや添加物食品を頻繁に食べたり、野菜不足の偏食を繰り返したりしていると、大人にきびを増やす要因になります。

ストレス

ストレスと言うのは、睡眠不足と同様にストレスを過度に受ける事で、自ら体を守ろうとする作用が体内で働きます。その際、男性ホルモンが過剰分泌され、皮脂分泌を促し増加させます。また、ストレスはターンオーバーの乱れから肌を硬くするので、毛穴収縮により毛穴詰まりになる事も大人にきびの原因の一つです。

乾燥

一見すると、乾燥と大人にきびがどう関係しているのか疑問に思うかも知れませんが、肌の角質層が乾燥する事は、バリア機能低下に繫がります。例えば、角栓ができやすくなったり、毛穴詰まりにやすくなったり、それが原因となって大人にきびを招く事になります。空気燥をはじめ、男性ホルモンにも肌乾燥作用があります。また、にきびは皮脂を落とす事が大事だと思い込んでスキンケアを行うと、肌に残しておきたい必要な皮脂まで奪い取り、乾燥を招きます。

ピルが大人にきびに有効的な理由とは?

体の内側から改善できる

にきびと言うと思春期をイメージされると思いますが、最近は成人した20歳~30歳代の大人の女性にできる、大人にきびが肌トラブルの悩みの一つとなっています。思春期にきびは、主に皮脂分泌が多いTゾーンにできやすく、毛穴詰まりがにきびの主な原因です。 なので、こまめな洗顔を心掛ける事でにきび治療や予防を行う事ができます。しかし、大人にきびになってくると、頬・口周り・顎などのUゾーンにできやすく、皮脂の過剰分泌をはじめ、メイクの洗い残しや過剰なスキンケアなどもにきびを引き起こしている原因になっています。また、オイリー肌の人だけでは無く、乾燥肌の人にも大人にきびはできます。一つ大きくなニキビができる事が多く、同じ場所に何度も繰り返しできます。治りにくく、化膿しやすく、色素沈着しやすい為、大人にきびは体の内側のからもケアする事が必要なのです。

男性ホルモンの働きを抑える

女性ホルモンである卵胞ホルモンのエストロゲン、黄体ホルモンのプロゲステロンが、ピルには少量ずつ含有されています。大人にきびの原因と言われている黄体ホルモン、副腎皮質、卵巣由来の男性ホルモンをエストロゲンには抑制する効果があります。これによって、体内ホルモンバランスが整うので、大人にきびができにくい状態へ改善していく事ができます。特にエストロゲンは、皮脂分泌抑制をはじめ、肌に潤いを与えたり、ハリをもたらしたり、髪の成長を促進したり、女性にとって嬉しい作用の働きがけがあります。他にも、代謝アップ、血管や骨を強くする、自律神経の乱れを改善する、頭脳の働きを良くするなど、様々な役割を果たしており、エストロゲンの分泌活発化は女性の体調を安定させます。しかし、エストロゲンの過剰生産は乳がんや子宮体がんのリスクが高まるので、ホルモン分泌もバランスが大切になります。

低用量ピルの副作用

昔のピルは、ホルモン含有量が多く副作用を引き起こす事例もあり、ピルは副作用が強いと言うイメージを持たれている方もいるかと思います。しかし、現代の低用量のピルと言うのは、ホルモン量が少なくなっておりピルの成分が昔と全く違うので、副作用発生率も低く安全になっています。中には、吐き気、不正出血、頭痛、乳房の張りなどの症状が見られる方もいますが、一時的なもので体がなれれば問題ありません。大体1~2ヶ月程度で症状は軽減します。

にきび治療効果が現れるまでの期間

低用量ピルは、体内ホルモンバランスを整えていく事ができる為、にきびのできにくい体質に導いていく事ができます。徐々に改善していくので、ピルの治療効果が出始める頃は、数か月程度が目安です。大人にきびの症状が軽ければ約1ヶ月程度で効果が現れ、重いにきびの症状であれば約3ヶ月程度で効果が現れます。ピルに含まれるホルモン量が体に合わない場合、にきびが悪化する事もあるので、自分に合う物を専門家と相談して処方してもらうのがオススメです。